エターナル・ラビリンス(エタラビ)負債額や倒産理由や返金は可能なのか調査

速報

みなさん今日は。

ご訪問頂きましてありがとうございまっ☆

“何?ソレ!?”のnasoreです。

今回、エステ業界に激震が走ったで!

美容脱毛サロン『エターナルラビリンス』を運営する『株式会社グロワール・ブリエ東京』が倒産したそうや。

会員は全国に9万人も居るっちゅーこっちゃ。

 

エステ業界で倒産した会社では過去3番目に大きい負債を抱えての倒産ちゅーやないの!?

一体いくらの負債があったんか、会員さんにお金は戻るんか、気になったから調べてみたで☆

スポンサードリンク

エターナル・ラビリンス(エタラビ)の親会社の負債額はいくら?

今回倒産した美容脱毛サロン『エターナルラビリンス』を運営する『株式会社グロワール・ブリエ東京』が倒産。

 

負債総額がエステサロン業界で過去3番目に多いそうや。

その負債額は何と約49億6400万円にものぼるらしい。

金額が多過ぎて想像もつかんけど、ここには全国に9万人も会員がおるそうや。

という事は一人あたり約50万円くらいはこの会社に支払っとるっちゅー事かな?

計算おうとるか?ケタが大き過ぎてもはやようわからんのやけど💦

 

こんな高額やったら、ローン組んどる人がほとんどやろうから、最悪、ローンだけは残るっちゅー事になるんかな。

こりゃ、大変な事にあってしもたな💦

エターナル・ラビリンス(エタラビ)の親会社は以前からヤバかった?

何やらこの『グローワル』(以降『株式会社グロワール・ブリエ東京』を略)は、以前から問題があって、それが今回の“倒産の理由”になったようや。

 

それはサービス内容とか支払い方法、広告に不備があったようやね。

消費者に“誤認”を与えるような事をしとったようや。

 

それに解約金の遅延や不払いが相次いだ。

で、遂に2016年8月、消費者庁から“業務停止命令”を受けたんやて。

 

更にその事で解約者が相次いで資金繰りが急速に悪化。

今回の“倒産”を招いたそうや。

スポンサードリンク

会員に費用は戻るのか?

やっぱ一番気になる事の一つがこの“費用は戻るのか?”という事やんな。

どうやら『グロワール』との契約に基づく解約金は支払われんっちゅーこっちゃ。

分割払いの人は大半が継続してサービス受けれるらしい。

で、一括払いしてもうた人についてはなぜか『ミュゼ』に一定額を新たに支払ったらサービスの継続が可能なんやって。

 

なんかおかしな内容やと思たんは管理人だけやろか?

費用を全額払った人は更に代金上乗せって、これってどうなんやろ?

契約時のいわゆる“約款”っちゅーんやろか?そこんところに今回のような不測の事態が起こった場合の払込金は返金んでけへんみたいな事がかいとったんやろか?

この記事のまとめ

まぁ、結局のところ、払い込まれた金額を返金するだけの力が無いっちゅー事やろな。

管理人やったら、分割払いであろうが、一括払いであろうが、サービスの提供を受けられへんかった分は返金してほしいけどな。

 

多分、分割払いで継続するにしても、代金上乗せで『ミュゼ』でサービス受けれるにしても、その説明は倒産した会社のスタッフから説明うけるやろうから、この時点で倒産した会社のスタッフから紹介された所に行きたいと思わんからな。

 

それにしても、代金もらっといて、倒産しても解約金の一部も支払われへんってどうよ!?

きっとこれから会社側と会員側で裁判になるんやろな。

 

ホンマ、迷惑なこっちゃ。

会員やった人達については少しでも費用の返金が出来るようにしたってほしいけどな。

 

じゃぁ、今回はこの辺にしとくわ。

本日もご訪問頂きましてありがとうございまっ☆

またのご訪問お待ちしてます♪

コメント