何や?ソレ!?ちょっと調べとこか!!

私もみんなも知りたい事調べちゃうサイト☆

スクリーンショット 2017-06-29 17.57.40

クレイジージャーニー

石川梵(写真家)プロフィールや経歴は?将棋や写真集、映画も凄い!【クレイジー・ジャーニー】

石川梵という写真家が“クレイジー・ジャーニー”に出演。

番組はクジラ漁の撮影に密着。

 

石川梵さんは写真家でありながら過去に将棋の棋士という顔を持ち、

更には映画も撮っているという多才な方です。

 

今回はそんな石川梵さんのプロフィールや経歴はもちろん、将棋や

写真集、映画とは?

みなさんこんにちは☆

nasoreです。

 

では早速、“クレイジー・ジャーニー”出演の石川梵さんについて

ご紹介です☆

☆この記事の目次☆

1,石川梵さんのプロフィール(年齢/学歴)

2,石川梵さんの経歴

3,石川梵さんは将棋の棋士だった話

4,石川梵さんが撮った話題の映画

5,石川梵さんが撮ったクジラ漁をするラマレラ村とは?

6,今回のまとめ

石川梵さんのプロフィール(年齢/学歴)

スクリーンショット 2017-06-29 18.09.39

出典:http://blog-imgs-51.fc2.com

名前:石川梵

生年月日:1960年

出身地:大分県別府市

学歴:『大分上野丘高校』

職業:写真家、映画監督、ノンフィクション作家

石川梵さんの年齢は57歳(2017年現在)。

大学には進んでおられないようです。

 

そして、ご結婚やお子様についてですが、結婚はされているようなのですが、

お子様の情報はありませんでした。

 

また、石川梵さんの“梵”(ぼん)という名前、本名という事なのですが

とても珍しいと思いませんか?

 

この名前を付けたのはお父様ということ。

“梵”には“清廉潔白”(心が清く、私欲が無く、後ろめたい事が全くない事)と

いう意味があり、“ぼん”という名前が海外で活躍する時に認知され易いという

ことでつけたそうです。

 

お父様は石川梵さんが生まれた時から、将来世界で活躍するような

大人になることを想像、もしくは、願っていたのかもしれませんね。

石川梵さんの経歴

石川梵さんの主な経歴をご紹介。

1984年より 『伊勢神宮』の神事や“祈り”をテーマに世界各地を撮影

1990年 フリーの写真家に。

1992年 プロジェクト『アジアの神々と信仰』でコニカ写真奨励賞を

受賞(現:コニカミノルタ フォト・プレミオ年度賞)

1997年 関西テレビ制作『巨鯨に挑む』の共同演出でATP賞を受賞

1998年 写真集『海人』で講談社出版文化賞、日本写真協会新人賞を

受賞。

2012年 写真集『The Days After 東日本大震災の記憶』で

日本写真協会作家賞を受賞

2017年 ネパール地震を題材にした映画『世界でいちばん美しい村』を

公開

石川梵さんは、フリーの写真家になる前にフランス通信社(AFP通信)で

カメラマンをされていたという凄い経歴の持ち主です。

スポンサードリンク

石川梵さんは将棋の棋士だった話

石川梵さんは現在、写真家、映画監督、ノンフィクション作家と幅広く

活躍されていますが

元は将棋の棋士になりたかったそうです。

 

10代の頃には『日本将棋連盟奨励会』に在籍していた程。

1年で3級まで昇級。

そこまでは順調だったようですが、途中で成績が思わしくなり、

このままプロの棋士を目差しても良いものか?と悩みます。

 

悩んだ挙げ句、奨励会を退会します。

その後、一眼レフのカメラを購入し、写真家を目差す事となりました。

石川梵さんが撮った話題の映画

石川梵さんは素晴らしい経歴のところでも紹介しましたが、すばらしい写真集

出版されている傍ら、映画も撮っておられます。

 

その映画は2017年公開のドキュメンタリー映画、

『世界で一番美しい島』。

 

映画の内容は2015年4月に大地震に見舞われたネパールの小さな村について

撮った映画。

 

大きな地震に見舞われても前向きに生きるラブラック村の家族の姿を追った

作品となっています。

スポンサードリンク

石川梵さんが撮ったクジラ漁をするラマレラ村とは?

今回の『クレイジー・ジャーニー』では、石川梵さんの過酷なクジラ漁の撮影

密着しています。

 

このクジラ漁を行っているのはレンバタ村のラマレラ村の人々。

昔ながらの伝統的な漁でクジラを捕獲しています。

 

漁の仕方は伝統の“追込み漁”。

風向きや潮の流れを読み、クジラが泳いでくるであろう進路を予測し

先回り。

そしてクジラを追い込んで銛で仕留めるという漁。

 

この撮影をする為に石川梵さんは19年もこの村に通い続けます。

実際にクジラ漁を撮影出来たのは村に通い始めて4年もかかります。

 

その後、捕獲されるクジラ側の視点に立って撮影に挑みます。

その間、実に3年。

逃げるクジラの背中につかまり撮影します。

 

今回の『クレイジー・ジャーニー』では、この漁の模様と、クジラの解体が

オンエアされるという事です。

 

なかなか衝撃的な映像になりそうですね。

過去に放送の写真家、佐藤健寿さんが撮影したロシアの極寒の地に住む

“ネネツ族”の回を思い出しますよね💦

 ロシア

『クレイジー・ジャーニー』出演

 人気写真家/佐藤健寿の

プロフィールや年収は?

今回のまとめ

今回放送の『クレイジー・ジャーニー』どんなオンエアになるのか

とても気になります。

石川梵

出典:http://www.cinemajournal.net

残念ながら私は関西在住なのでリアルタイムでオンエアを観ることが

出来ないんですよね💦

放送が終了したら、即番組をチェックしたいと思います。

みなさんはオンエアを楽しんで下さいね!

では、今回はこのへんで。

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

次回もご訪問をお待ちしています☆

スポンサードリンク

-クレイジージャーニー
-, ,